Skip to content

Cryostarは、水素に関する機器の開発・設計と ソリューションを提供します

水素 ソリューション

 

 

 

ダウンストリームでの用途

現在、水素製造における生産物のほとんどは、精製所や化学工業における原料として使用されています。
しかし、エネルギーのベクトルとして、モビリティ、産業用、エネルギー、海洋など、他の分野での成果が期待されています。
ガス・低温産業で50年以上の経験を持つCryostar社は、水素バリューチェーンの充実化に向けて、水素ポンプやソリューションを開発してきました。

_2.1.5-Hydrail-refueling

モビリティ(HRS)

CO2排出量において、運輸部門は総排出量の27%と、最大の割合を占めています! 詳細情報はこちらになります...

LindePR_transport_1543_office

水素の流通

モビリティ市場のような、水素を利用したソリューションの用途や供給拠点が大幅に増加することに対応して、流通時間を短縮する必要があります。 詳細情報はこちらになります...

hyfrogen-boat

海事分野

海運業は世界のCO2排出量の約3%を占めていますが、主要港湾地域の大気汚染に大きな影響を及ぼしています。 詳細情報はこちらになります...

2.3.4

エネルギー・産業用

パリで開催されたCOP21で設定された2050年までの二酸化炭素排出量削減目標を達成するために、産業とエネルギーの2分野が、今後、水素の最大の消費部門になることが確実視されています。 詳細情報はこちらになります...

製品とソリューション

Cryostar社は長年にわたり、水素充填システムとプロセスに関する重要な専門知識を培ってきました。また、液体水素貯蔵タンク(-253℃)からの、安全で信頼性の高い水素の移送と圧縮に特化した、様々な産業用極低温ポンプを開発設計しました。

液体水素用往復動ポンプ

水素需要の増加に伴い、物流を容易にし、配送拠点への配送回数を減らすためには、
液体水素の貯蔵庫が重要になります。
 詳細情報はこちらになります...

液体水素移送ポンプ

液体水素は体積が大変小さいという特質があるため、水素流通の発展に重要な役割を果たします。 詳細情報はこちらになります...

水素充填システム

Cryostar Automationは、過去数十年にわたる充填・供給の経験から、液体または気体での水素充填システムおよびプロセスに関する重要な専門知識を培ってきました。 詳細情報はこちらになります...

水素ターボエキスパンダー

水素を-255℃まで冷却するためには、磁気軸受を用いた膨張タービンが最も安全で最適なソリューションです。 詳細情報はこちらになります...

水素とは?

水素(H2)は、宇宙で最も豊富に存在する元素であり、気体や液体の燃料の中では質量あたりの化学エネルギー含有量が最も高くなっています。しかし、炭化水素とは異なり、自由水素は地球上のどこにも存在せず、直接取り出すことはできません。水や炭化水素などの他の元素と常に結合している水素は、水の電気分解で得られる「グリーン水素」や、化石燃料の改質(メタン水蒸気改質(SMR)など)で得られる「グレー水素」(CO2を回収すると青くなる)などのプロセスでしか得られません。 詳細情報はこちらになります...