Skip to content

Cryostarは、水素に関する機器の開発・設計と ソリューションを提供します

液化

水素を液化させるためには、約-255℃という極めて低い温度まで冷却する必要があります。

Claude cycle

Claude cycle

最も効率的な方法の一つは、クロード液化法(気体を液化するために1902年に発明された)にヒントを得た液化技術を用いることです。

このプロセスでは、水素を窒素ループで予冷した後、膨張タービンで準等エントロピー的に膨張させます。

Cryostar社は、30年以上にわたってこのタイプのタービンを製造してきた経験があり、タービンは95%以上の水素濃度で使用できるように設計されています。

タービンで取り出されたエネルギーは、コンプレッサー(サイクルに必要な圧縮力に寄与する)や発電機(プロセスから電力を回収することが可能)の動力として使用することができます。