Skip to content

Cryostarは、水素に関する機器の開発・設計と ソリューションを提供します

水素の流通

モビリティ市場のような、水素を利用したソリューションの用途や供給拠点が大幅に増加することに対応して、流通時間を短縮する必要があります。

Cryostar社は、このような市場の変化をサポートするために、様々な液体水素移送用ポンプを開発しております。

LindePR_transport_1543_office

LH2(液体水素)コンテナ搭載

将来の水素関連産業を維持するためには、LH2トレーラー、LH2 ISOコンテナ、さらにはLH2タンク車の需要が増えることが予想されます。

Cryostar社は、充填サイトでの積み込みの混雑を避けるため、安全で迅速な充填を可能にする様々な液体水素コンテナ充填ポンプを開発しました。

LH2コンテナの荷卸し

配送拠点の増加に伴い、トレーラーなどの液体水素コンテナからの荷卸し時間を短縮することが、市場の需要拡大の原動力となります。

Cryostar社は、産業ガスやLNGなどの荷卸し時間を短縮するために、トレーラーに搭載する液体水素の荷卸しポンプを開発しており、今後、さらに多くのモデルを展開する予定です。

圧縮水素のトレーラーおよびコンテナへの充填

チューブトレーラーや輸送可能な圧縮水素システムの容量と圧力は年々増加しており、最近では最大圧力が500bar、最大容量が1000kgに達しています。

Cryostarは、コンプレッサーよりも大容量でメンテナンス間隔が長く、低消費電力の圧縮水素充填ポンプを提供しており、ステーションのTCOと効率を向上させることができます。

さらに、Cryostar Automationは、液体または気体を供給源とするチューブ型、円筒型などのタンクの水素充填システムに関する重要な専門知識を有しており、チューブトレーラー用の充填パッケージソリューションを提供しています。