Skip to content

Cryostarは、水素に関する機器の開発・設計と ソリューションを提供します

水素ターボエキスパンダー

水素を-255℃まで冷却するためには、磁気軸受を用いた膨張タービンが最も安全で最適なソリューションです。

当社のタービンは、準等エントロピー膨張が可能であり、水素の液化に最も効率的なソリューションを提供します。

水素を-255℃まで冷却するためには、磁気軸受を用いた膨張タービンが最も安全で最適なソリューションです。

磁気軸受は水素で加圧されているため、外気が混入して爆発する心配はありません。

Cryostarは、磁気軸受を使用した膨張タービンのパイオニアです。1988年に最初のモデルが発売され、現在では数百台の機器が稼働しています。

タービンは、圧縮プロセスに組み込まれたコンプレッサーに接続することも、単にブレーキ(MTCモデル)や高周波発電機(MTGモデル)として使用することもできます。

お客様のご要望に応じて最適なソリューションを選択するために、専門家がお手伝いさせていただきます。

お客様のメリット

シールレス設計(シールガスを完全に回収)

摩耗部品がないため、OPEX(運用コスト)を削減

99%以上の稼働率

ご存知でしたか?

世界初の磁気軸受搭載エキスパンダーはCryostarが30年前に開発しました。

用途

水素を効率よく液化するためには、水素エキスパンダーが必要です。

様々な液化サイクルが可能で、当社のエキスパンダーはお客様のプロセスにシームレスに統合できるようにカスタマイズされます。

将来的な開発の可能性

Cryostarの磁気式ターボエキスパンダー/コンプレッサーは、30tpd以上の水素液化装置に対応しています。

しかし、水素を使った新たな用途が今後も生まれてくることが予想されます。当社のエンジニアは、お客様のニーズに合わせていつでもターボエキスパンダーをカスタマイズいたします。

お気軽にご相談ください。最適なエキスパンダーの開発をご提案させていただきます。