Skip to content

Cryostarは、水素に関する機器の開発・設計と ソリューションを提供します

液体水素加圧ポンプ

水素分野が成長を続ける中、現場の液体水素タンクが物流上の課題を解決します。

Cryostarは、水素圧力を高めるための理想的システムとして、大容量、省スペース、競争力のあるTCOを備えた液体水素用ピストンポンプを開発しました。

A-MRP 40/55-K LH2クライオポンプは、液体水素ソースを使用するために、簡単かつ安全に設置できるように設計された防爆仕様のスキッドマウント式ピストンポンプです。3サイズがあり、容量は6~190kg/時で、流量調整も容易です。

A-MRP 40/55-K LH2クライオポンプは、あらゆる種類・メーカーのLH2タンクやISOコンテナに対応しているため、汎用性が高く、既存の設備との統合も容易です。

A-MRPクライオポンプは、すでに世界中で数千台も稼働しています。特許を取得している超絶縁型のA-MRP LH2は10年以上の運用実績があり、その信頼性の高さは証明済みであり、今日の市場で最も長いメンテナンス間隔を提供しています。

お客様のメリット

これらのLH2ポンプは、水素充填ステーションにとって以下のような利点があります。

  • シングルポンプで最大60g/秒の直接充填が可能(デュアルポンプ使用可)
  • 低いエネルギー消費:0.4 kWh/kg H2 (コンプレッサーと比較して80%以上のエネルギー削減)
  • 高純度水素ガス燃料化(99.995%)
  • チラーが不要(重要なOPEX源)。
  • SAEJ2601に要求されるH2充填温度に達するまで30秒未満

  ご存知でしたか?

HRSのTCOの約15%はガスの冷却に費やされています。LH2に含まれる冷却能力のおかげで、A-MRP 40/55-K LH2ポンプを使用した場合、水素はディスペンサーレベルで追加冷却を必要としないため、さらなる節約が可能になります。

用途

液体水素用ピストンポンプは、水素ステーションでH2やCcH2(極低温圧縮水素)の車両や列車に燃料を補給する際に使用されます。また、水素チューブ型トレーラーやコンテナへの充填、パイプラインやガスタービン、デュアルICEへの水素注入などにも使用されています。これらの用途については以下をご覧ください。 
 

HRSでの活用について

70MPaのLH2ステーションの効率を最大化するには

圧縮は、水素ステーションを運営する上で最もコストのかかる部分であり、水素の供給コストの25%を占めることもあります。

現在販売されている90MPaの液体水素ポンプは、コスト効率と高い信頼性を両立していないことが指摘されています。さらに、水素コンプレッサーは、一定の入口圧力が得られないためにオーバーサイズになることが多く、オフピーク時には十分に活用されていないのが現状です。

そのため、当社では2段階の圧縮で90MPaの圧力を実現するというアプローチを取っています。

つまり、第1段階では、信頼性が高くコスト効率の良いA-MRP40/55-K LH2ポンプと熱交換器を使用してガスを45MPaに圧縮し、第2段階の圧縮で、高処理能力のブースターコンプレッサーを使用して入口圧力を90MPaに高めます。これにより、2:1の一定の圧縮比により、コンパクトでコスト効率の良い状態が維持されます。

このハイブリッドアプローチは、90MPaのポンプやコンプレッサーを1台使用した場合と比較して、圧縮コストを50~75%削減することができます。これは1.5 euro/1kg H2のコスト削減に相当します!詳細に関してはお問い合わせください。

デュアル35/70MPa LH2充填ステーションの最適化方法

その実用性を最大限に発揮するために、水素ステーションでは35MPaと70MPaで小型車と大型車を充填する傾向にあります。しかし、単一の圧縮モジュールを使用した場合、車両の種類に応じて充填量を調整することができません。小型車と大型車ではタンク容量や充填量の要件が異なるため、圧縮ユニットの設計が最適でない場合が多く見られます。

LH2ステーションでは、実績のあるA-MRP40/55-K LH2などのLH2クライオポンプを使用した第1圧縮段階と、シンプルなブースターコンプレッサーを使用した第2圧縮段階で構成される液体/気体ハイブリッド圧縮ユニットを導入することで、この問題を克服することができます。

このように、各圧縮段階の処理能力が、車両の特定の要件に合わせて調整され、その結果、H2の1kgあたりの圧縮コストが最適化されます。詳細に関してはお問い合わせください。

将来的な開発の可能性

CryostarのA-MRP40/55 K-LH2ポンプのラインナップは、現在のほとんどのLH2の用途をカバーします。しかし、H2の新たな用途が今後も生まれてくるはずであり、例えば航空業界では新しいタイプのLH2ポンプが必要になるかもしれません。そのような場合には、適切なポンプソリューションの開発の可能性について、当社にお気軽にご相談ください。