Skip to content

Cryostarは、水素に関する機器の開発・設計と ソリューションを提供します

エネルギー・産業用

パリで開催されたCOP21で設定された2050年までの二酸化炭素排出量削減目標を達成するために、産業とエネルギーの2分野が、今後、水素の最大の消費部門になることが確実視されています。

このような需要のボリュームが考えられるため、液化サイトが自然と増え、既存の天然ガスネットワークに水素を充填する方法も開発されるでしょう。Cryostarは、このような将来の課題やニーズに応えるためのソリューションに取り組んでいます。

2.3.2

水素ガスタービンへの注入

ガスタービンは、発電所やその他の産業プロセス、航空機、船舶、機関車などに使用されています。現在、天然ガスと水素を組み合わせた燃焼方式による水素ガスタービンのパイロットプロジェクトが進行中です。

そのため、Cryostarでは、そのニーズに応えるために、液体ソースで作動するように設計された一連の水素注入ポンプを開発しています。

2.3.4

パイプラインへの注入

天然ガスネットワークでも、事業者が2050年までにカーボンニュートラルという目標を達成するためには、脱炭素化が必要です。

現在の限られた量のバイオガスでは、この目標を達成することはできません。ガスシステムの一部または全部を水素(グリーンあるいはブルー)に転換することで、はるかに大きな可能性が提供されます。

Cryostarは現在、大容量の水素ポンプを使って、液体ソースからガスネットワークに水素を注入する方法を研究しています。

2.3.5

スペースシャトルへの充填

1960年に液体水素製造の開発を推進したのは航空宇宙産業であり、液体水素はロケット燃料や車載用燃料電池に使用されていました。

現在、Cryostarは、スペースシャトルの燃料タンクへの充填に、信頼性の高い液体水素ポンプソリューションを提供しています。